EDを治す勃起薬@日本人に合うザイデナ

ED治療にはザイデナが一番

 

ED治療にはザイデナが一番

第4の勃起薬として注目されているザイデナですが、なぜ人気があるのかご存知でしょうか?

第4ということは第1や第2、第3があります。

 

第1の勃起薬は有名なバイアグラです。これはファイザー製薬という会社が製造開発しました。今ではもう、ジェネリック伯も開発されて同じ成分で穴柄手ごろな価格の商品が数多く販売されています。

 

第2の勃起薬といえばレビトラです。この勃起薬が注目される時間は短かったのですが、改良された点としてはその継続時間などが主でした。

 

第3の勃起薬はシアリスです。この薬から大きくその効果に進歩が出ました。まずは、今までの勃起薬の問題点であった、服用前後に飲食をすると、薬の効果が半減するという欠点がありましたが、このシアリスではその欠点を克服しました

 

さらに、その効果の継続時間も大幅にアップして、服用後最大48時間も効果が継続すりのです。金曜日の夜に飲んで、日曜日の夜まで効果があるということから、別名ウィークエンドバイアグラとも呼ばれています。

 

そして第4の勃起薬として注目されているのがザイデナです。特徴としては初めてのアジア人向けの勃起薬ということです。今までの勃起薬は、開発製造が欧米諸国だったこともあり、その対象は欧米諸国の男性でした。

 

欧米諸国とアジアではその体格に大きく差があります。なので、日本人がバイアグラを服用するときには半分に割って服用したりして、薬の句化が効きすぎないように注意する必要がありました。

 

しかしこのザイデナはアジア人の体質に合わせて開発製造されているので、そのような心配はないのです。なので日本人男性に一番合った勃起薬とも言えます

 

しかも効果継続時間はシアリスには劣るものの服用後、約24時間は持続し、しかもシアリス同様食事の影響を受けません。

 

まさにいいとこどりの勃起薬なのです。

 

ザイデナの評判は

 

ザイデナの評判

自身の勃起力を取り戻そうとする男性の強い味方である、ED治療薬は様々なものが販売されています。日本で製造されているのは漢方系のものが多いのですが、即効性が無いために人気が今一つです。

 

海外で製造販売されている医薬品系のED治療薬はその即効性は認められていますが、副作用があるために安全性を気にする人は好まれてはいないようです。

 

バイアグラのような効果と漢方の様に副作用の少ないED治療薬が長年求められてきました。一番近いのがザイデナだという評判なのです。

 

ザイデナは韓国で製造されている医薬品系のED治療薬です。2015年ごろから日本でも個人輸入や、韓国で直接購入するなどの方法で手に入れることができます。

 

使ってみた人の評判を聞くと、バイアグラほどの強い勃起力はないけれども、性行為には全く問題なく使えるそうです。それでいて、顔のほてりなどの副作用もなく安心して使うことができるそうです。

 

バイアグラは欧米人向けに作られていますが、それとは違い韓国で製造されているザイデナは、ユーザーのターゲットがアジア人です。そのために日本人が飲んでもバイアグラほどの副作用が出にくいし、効果もアジア人の体質にあっていると評判なのです。

 

今まで、ED治療薬を試したいと思っていた人も、副作用が怖いと考えていた人も一度ザイデナを試いしてみてはいかがでしょうか?

 

EDの原因

 

多くの男性がEDで悩んでいます。その性質上、周りに相談しにくいということもあり、患ってしまうと、ほとんどの方がもう諦めてしまうことが多いのです。

 

そのような背景もあり今では約1000万人もの男性がEDを患っているとされています。

 

EDの原因としては、生活習慣に大きく左右されることが多く、ストレスなどからも発症することもあります。

 

ストレス社会と呼ばれる現代に、その予防策はないのかもしれません。

 

EDの直接の原因としては、血液がきちんと流れ込まないことなのですが、これは自律神経が支配しているために、自身ではコントロールすることはできないのです。

 

ただ、治療すると治ることは確かなのです、多くの人は病院の門をたたかないので、患者数的にはとても多くなっていますが、簡単な投薬治療だけでEDは治るのです。

 

病院に行くのが恥ずかしい方は、勃起薬だけでも一度試してみてはいかがでしょうか?

 

副作用が心配

 

日本でもバイアグラが出回った時には多くの男性が関心を持ち、使用しました。悲しいことに中には、服用のルールを守らずに使用したケースもあり死亡するという事件も発生したほどです。

 

世界中でもバイアグラを服用して死亡したというケースは数多く報告されていますが、この原因は主に服用量のルールを守らなかったということに他ならないのです。

 

しかし、薬を飲んで死亡するというショッキングなフレーズが独り歩きしてしまい、日本では世界に比べて勃起薬を服用する人はまだ少ないのです。

 

これは、日本のマスコミにも問題があります。日本のマスコミは売り上げ重視、注目されること重視なので、真実が曲げられて報道されたり、言葉足らずな報道がされることが多々あります。

 

この勃起薬の服用により死亡事故のケースにしても、死亡したということのみを報道して、その原因が服用量を守らなかったということがきちんと報道されていないのです。

 

そのため、マスコミの報道に過剰に反応している日本人は、世界に比べて、勃起薬の使用率が低く、ED患者割合が高いとされています。

 

海外ではシアリスなどをサプリメントのように、日々服用している人もいるほど安全な薬だという部分をもっと日本でも報道するべきだと思います。

 

肝心の副作用に関してですが、個人差がありますが、一過性のものが多いです。よくあるのが体のほてりです。

 

体内の血流がよくなっているので、走った後のような感覚になるようです。あとは目の充血です。これも毛細血管の血流がよくなることから、充血しやすくなります。

 

その他には、青いカラコンを入れているような視界になるなどがあります。そのほかには服用後に時間が相当たつのに勃起が継続し続けるということがあります。

 

これらの症状が4時間以上続く場合には、きちんと医師に相談しましょう。

日本のED研究

日本におけるEDの疫学は1965年ごろの初めて行われたものがあります。その結果では様々な環境に分けて調べたところ、なんと高学歴者にはED患者が少ないというデータがあったのです。

 

日本は欧米諸国に比べて、性に関する臨床試験の数が少なく、文化的にも性に関することになると非協力的になるので貴重なデータともいえます。

 

その後に前立腺手術に伴う勃起機能の障害が沸き起こり、研究が進められアンケート調査などでデータが集められました。その結果、前立腺手術前には勃起可能者が75%、射精可能者が70%でした。一方71歳以上になると勃起可能者が60%、射精可能者が55%という結果でした。

 

このデータを見る限りでは、前立腺疾患の手術適応となる高齢者と言えども、硬い頻度で勃起機能は保たれていることがわかったのです。しかし、この調査は前立腺手術を行った人に限られている点や、対象地域が海岸沿いの漁師町で、高齢の男性でも元気な方が多い点で偏ったデータであることがあります。

 

さらに調査を進めることによって日本全体のED患者の数を割り出すことに成功しました。その結果、日本のED患者の数は最低でも208万人、最高でも400万人というデータが出ましたが、同じ調査を2000年ごろに行って再計算をしてみると最小でも470万人、最大で1000万人と前回の調査に比べて増えているのです。これは日本人の高齢者の占める割合が増加したことがそのまま影響しているともいえるのですが、それ以外にも生活習慣病を患っている男性の割合が増えていることも原因だと考えられています。

 

別の研究では、夫婦そろって健康な日常生活を送っている30歳から90歳までの男性を対象に性機能の調査を行いました。このうち「視覚刺激による勃起」「摂食刺激による勃起」「早朝の勃起」のそれぞれの硬さ、勃起維持時間を自己判定してもらいました。すると、いずれの勃起も60歳を超えると著しく機能低下しており、特に硬さに関しては急激に低下していることがわかりました。

 

さらに同じ質問をアメリカ人に対して行ったところ、EDや性欲低下は日本人がアメリカ人よりも深刻で、頻度が大きいことがわかりました。老人の性機能や生活の質へのインパクトは国、人種、文化、によって異なることがわかりました。

 

その後バイアグラが販売され、EDに対する考え方も変わってきました。

 

年齢が上がるごとに完全EDや中程度のEDの頻度は増加しています。さらにアメリカ以外の国とも比べてみると、ED有病率は日本39%、イタリア31%、マレーシア16%、ブラジル15%となり、日本に有病率が世界レベルでも高いことがわかりました。
このデータから日本の成人男性のED患者数を計算してみると、完全EDの人は200万人、中程度EDの人は1000人という結果が出ています。合計1200人の男性がEDの症状が出ているということなのです。

 

 

続きを読む≫ 2016/05/12 13:15:12

性生活が充実していると、年齢を重ねても若くいられるものです。

 

性生活は人間の欲望に含まれていますので、食欲の欲求であるおいしいものを食べたいと素直に思うように、セックスをして気持ちよくなりたいと考えることは、欲望に自然なことなのです。

 

しかし、セックスは相手があってのものなので、お互いに気持ちよくなることができなければ質の高い性生活を送っているとは言えません。

 

男性の場合、年齢を重ねると自分の性生活の能力に限界を感じることが多くなってきます。

 

勃起の継続時間や体力的に動作を続ける時間などが短くなってきます。

 

運動することによって後者の問題は解決することができますが、前者の問題に関しては、運動や生活習慣を変えるだけではなかなか改善しません。

 

こんな悩みを持つ多くの男性はバイアグラやザイデナなどの薬に頼ることになるのですが、初めての場合にはとてもハードルが高いようです。

 

男性のプライドが邪魔をしてしまうんでしょうね。しかし、欲求をかなえるためには服用して性生活を充実させることを優先させる方が建設的です。

 

性生活を充実させると、ほかのことにもやる気が出て生き生きとした生活を送ることができることは、確かです。

 

仕事をされている方は仕事に関して積極的に取り組め安くなります。趣味を持っている方もその趣味に精力的に取り組むことができるでしょう。

続きを読む≫ 2015/10/19 11:05:19

バイアグラやレビトラなどとは違う成分でありながら、それ以上の効果が期待できると注目されているザイデナです。

 

韓国では多くの男性が使用して、性生活をエンジョイしているということから、同じアジア圏内である日本人男性も注目している商品です。

 

成分はウデナフィルという成分ですが、この成分ははじめ前立腺肥大症の治療薬として開発されていたようです。

 

前立腺肥大症の症状としては尿の出が悪くなり、頻尿の傾向になることなどがあります。

 

多くは加齢が原因で起こることが多いのですが、男性ホルモンが関係しているという報告もあります。

 

男性ホルモンはセックスをすればどんどん分泌されるので、男性ホルモンを正常にしていれば前立腺肥大症にはかかりにくいともいえます。

 

しかし、何事もほどほどが肝心ですので、やりすぎは厳禁です。

 

ウデナフィルは韓国の東亜製薬が販売特許を取得しているので、ほかの製薬会社が販売することはできません。なのでザイデナのジェネリックが出るのはまだまだ先の話になりそうです。

 

ザイデナは、きちんと効果が証明されていますが、日本の医薬品の基準の準じていない可能性があり、ウデナフィルの安定供給には時間がかかりそうですね。

続きを読む≫ 2015/10/19 10:57:19

韓国ブームに乗ってザイデナも人気

 

勃起薬,ザイデナ

お隣の国韓国は日本にとっても経済文化の購入のうえで無視できない国です。しかし最近では一部の心内報道のために勧告を嫌う風潮が育ちつつあることも否めません。日本では韓国の悪い部分が一面的に報道され、韓国では日本の悪い部分の一面だけが報道されています。

これでは喧嘩をしても仲直りなんてできることは今後ないのではないかとも思えてきます。それ程報道による、民衆の洗脳はすさまじいのです。

 

そんな中でも僕の彼女はいまだに韓国好きです。よく2人で韓国にも旅行も行きます。いつものように韓国旅行を楽しんでいると、とある薬局に入ったんです。
実は僕が最近ED気味で彼女を満足させることができないことがあったから、勃起に聞く薬を探していたんです。

勃起薬,ザイデナ

なんだか韓国って日本に比べて漢方などが進んでいるというイメージもあり、朝鮮人参なんてものすごい聞きそうだし、という韓国の漠然としたイメージが背中を後押ししていました。

その入った薬局で見つけたのがザイデナでした。それまではよくシアリスを使っていたのです、服用するときちんと効き目も実感できるので、僕も彼女も満足していたのですが、ただ価格に関して少し高いなと思っていたのです。
さらにシアリスは効き目が2日間ほど続くのですが、僕も彼女も週に一日しか休みがないので、一日分は使わず持ったないと思っていたのです。でもこのザイデナはシアリスよりは少し安く、しかも効き目もちょうど24時間ほどなので、とってもう使い勝手がいいんです。韓国好きの彼女にもはまり、今では二人の勃起薬はザイデナで決まりです。

続きを読む≫ 2015/09/09 11:58:09

日本人の不名誉な記録

 

私たち日本人は、周りの国では食べ物に困っている国もありますが、特に困ることもなく生活することができています。

 

勃起薬,ザイデナ

とても、環境のいいところで生活し、しかも、今までに世界規模でも大きなことを成し遂げてきた日本だと思っていますが、不本意な面も存在します。

 

それは日本人が世界一のセックスレスだといことです。

 

日本人は昔から男性はとてもシャイな性格の人が多いようでした。もちろん妾と言って愛人公認という風土もありますが、多くの男性は女性への免疫がなくあまりスキンシップをしない文化が形成されています。

 

現代でも、シャイな男性のことを草食系男子ということもあり、男性の精力はとても小さくなってきているのです。

 

そんな地盤があるからなのか、世界一のセックスレス大国となっている日本ですが、もちろん少子化の危険も叫ばれています。

 

女性との性行為は人間の生きる欲望である性欲にかかわることなので、興味がないという人はとてもおかしなことだと思いますが、それが普通になるつつある今の日本はとてもおかしな状態なのではないでしょうか?

 

このままでは、DNAに日本人は性行為に興味がないので勃起機能は必要ないとインプットされてしまい、日本人は絶滅してしまうでしょう。

 

勃起回復には韓国で作られたザイデナがとても有効です。同じアジア人が開発したこともあり成分はアジア人向けになっているので、副作用などの心配も少なくて済みます。興味のある方は一度ザイデナの販売店で購入されてみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/09/09 11:58:09